HOMEピル
Share

ピルpill

ピルは正しく服用すれば99%以上の確率で避妊できます

ピルは正しく服用すれば99%以上の確率で避妊できます

ピルは「低用量ピル」「OC(Oral Contraceptives)」とも呼ばれ、現在、日本で用いられている避妊方法のうち、最も確実で安全性の高い方法です。
また、唯一女性主導で行える避妊方法でもあります。
ピルには「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2つの女性ホルモンが含まれており、これらが脳下垂体に働きかけ、卵胞を成熟させるホルモンの分泌を抑えることで、排卵を抑制して望まぬ妊娠を防ぎます。
そのほか、子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくしたり、子宮頸管の粘膜を変化させて精子を子宮に入りにくくしたりするなど、複数の作用で高い避妊効果を実現します。

ピルの副効用

ピルの副効用

ピルは避妊だけでなく、月経不順の改善、子宮内膜症の予防・改善、にきびなどの肌トラブルの改善など、様々な副効用があります。
当クリニックでは女性の体の仕組みに精通した医師が適切にピルを処方する以外にも、お悩みの内容に応じて漢方薬を処方することも可能ですので、女性特有の体のトラブルや症状などでお悩みであれば、お気軽にご相談ください。

主な副効用

  • 月経不順の改善
  • 月経痛の改善
  • 月経量の減少
  • 月経前症候群(PMS)の軽減
  • 月経周期をコントロールすることができる
  • 子宮内膜症の予防と改善
  • にきびなどの肌トラブルの改善
  • 多毛症の改善
  • 更年期症状の予防
  • 骨粗しょう症の予防
  • 子宮内膜症の改善
  • 子宮外妊娠のリスク低減
  • 良性卵巣嚢腫のリスク低減
  • 卵巣がん、子宮体がん、良性乳房疾患などのリスク低減(長期間服用した場合)
  • 大腸がん、関節リウマチなどの婦人科以外の疾患のリスク低減

ピルの副作用

服用初期には「吐き気」「頭痛」「胸の張り」「下腹部の痛み」「不正出血」など、軽度の副作用が起こることがあります。
しかし、これらは通常、1~2ヶ月で治まってきますので、過度に心配する必要はありません。慣れるまでは、内服する時刻は夕方から眠前をお勧めします。
ごく稀に血栓症などの重篤な副作用が起こることもありますが、問診にてご家族に血栓症の罹患歴がないか確認したり、血液検査を行ったりするなどして、安心・安全なピルの処方に努めます。

また、ピルを長期間服用すると、「生理が来なくなる」「不妊症の原因となる」「子宮がんや乳がんのリスクが高める」などの情報を耳にしたことがある方もおられるかもしれませんが、これらはすべて間違った情報です。
ピルの服用を中止すれば再び生理は来るようになりますし、不妊症の原因となったり、子宮がんや乳がんのリスクが高まったりすることもありません。
また、「ピルを飲むと太りやすくなる」と言われることもありますが、これはピルの服用により体に水分が溜まりやすくなり、体重が増えることがあるために広まった話であると思われます。
正確には「太りやすくなる」のではなく、「体重が増えることがある」だけで、脂肪が付いたりするわけではありません。

 

主な副作用

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 胸の張り
  • 下腹部の痛み
  • 不正出血

注意すべき副作用

  • 血栓症
  • 肝機能障害

ごく稀にこれらの重篤な副作用が起こる場合がありますので、服用後、最初の3ヶ月目には血液検査などの検診を受けるようにしてください。
長期間服用するのであれば、年に1~2回の定期検診をおすすめします。
また、「足の腫れ・むくみ」「手足のしびれ」「急な息切れ」などの症状をお感じになったら、血栓症が疑われますので、ピルの服用を中止して、すぐに当クリニックまでご連絡ください。

ピル処方の流れ

問診

医師が問診にて健康状態や、ご家族に血栓症の罹患歴がないかなどを確認します。
基本的に問診のみで、内診は行いません。

ピルの説明

処方するピルの種類や特徴のほか、服用方法、考えられる副作用などを詳しくご説明します。
わからないこと、不安なことなどがあれば、何でもお気軽にお尋ねください。

ピルの処方

受付にてピルを処方します。
2回目以降は、ご予約なしでピルの処方が可能です。
ピルをお渡しする際には、受付で問診(アンケート用紙の記入)を行い、体調の異常や飲み忘れなどがないか確認します。
その時、何か心配なことがあって医師の診察をご希望になったり、こちらが必要であると判断したりした場合などには、診察室にお入り頂いてより詳しく問診します。

次の項目にあてはまる方は、ピルを服用するにあたって医師に相談するようにしましょう

健康な女性であれば、ほとんどの場合ピルを服用することができますが、次の項目にあてはまる方は、ピルを服用するにあたって医師に相談するようにしましょう。

  • 妊娠中の方(妊娠している可能性がある方)
  • 授乳中の方
  • 喫煙者の方(特に35歳以上で、1日15本以上煙草を吸われる方)
  • 高血圧の方
  • 血栓症になったことがある方(かかっている可能性がある方)
  • 家族に血栓症の罹患歴がある方
  • 心血管系疾患を患っている方(過去に患ったことがある方)
  • 最近手術を受けられた方(今後、手術を受ける予定がある方)
  • 脂質異常症の方
ピルの服用が難しい方へ

健康状態などにより、ピルの服用が難しい場合には、「子宮内避妊用具(避妊リング)」を使用することも可能です。
子宮内避妊用具とは、避妊目的で子宮に装着する小さな器具のことで、一度装着すれば、数年間、避妊効果を得ることが可能です。
授乳中の方でもお使い頂けます。
当クリニックでは子宮内避妊用具のうち、銅が付加された「ノバT380」とレボノルゲストレル徐放性の「ミレーナ」を採用しています。
子宮内避妊用具には様々な種類がありますが、その中でもノバT380とミレーナは特に避妊効果が高いとされています。

ピルの服用方法

ピルの服用方法

ピルには大きく分けて「21錠タイプ」と「28錠タイプ」がありますが、どちらも1日1錠、基本的に毎日同じ時間帯に服用します。確実な避妊効果を得るためには、飲み忘れを防ぐことが大切です。
「起床時に飲む」「就寝前に飲む」「食後に飲む」など、生活リズムに合わせて服用する習慣を付けるようにしましょう。

21錠タイプの服用方法

1日1錠、21日間服用し続けた後、7日間休薬します。
休薬期間中に、生理のような消退出血が起こります。
休薬期間が終わったら、次の日から新しいシートの服用を開始します。休薬期間の7日間を間違わないように注意してください。スマートフォンの「ピル管理アプリ」の使用をお勧めしています。

28錠タイプの服用方法

1日1錠、28日間服用し続けます。
飲み忘れを防ぐために、シートの最後の7錠はホルモンを含まないプラセボ錠(偽薬)となっており、これを服用している期間中に生理のような消退出血が起こります。
シートのピルをすべて服用し終えたら、次の日から新しいシートの服用を開始します。

休薬期間中の飲み忘れを防ぐ目的で、28日タイプをお勧めします。

ピルを飲み忘れた時には

ピルを飲み忘れた時には、それに気づいた時点ですぐに1錠服用して、その日の分のピルも通常通り服用してください。
2日続けて飲み忘れた時には、(1)三相性ピル(トリキュラーなど)の場合にはそのシートの服用を中止して、生理が来てから新しいシートの服用を開始してください。また、(2)一相性ピル(ファボワール、マーベロンなど)の場合、飲み忘れた錠数のうち最後の1錠(直近の1錠)をすぐに飲み、残りの錠剤は次の決められた時刻に飲む。7錠以上を連続して服用するまでコンドームを使用するか、性行為自体を避けるようにしてください。

大事なスケジュールに合わせて生理をずらしたい方へ

大事なスケジュールに合わせて生理をずらしたい方へ

受験、結婚式、旅行など、大事なスケジュールと生理が重ならないようにしたい場合、ピル(中容量ピルを使用します)を服用することで、生理を遅らせたり、早めたりすることが可能です。
一度当クリニックへご相談ください。
早めたい・遅らせたい生理の前周期の生理が来る前くらいにご来院されることをおすすめします。

生理を早めたい時

早めたい生理の前周期の生理が来る前までにお越しください。
生理開始から5日目くらいまでにピルの服用を開始して、そのまま生理を早めたい日の2日前くらいまで飲み続けます。
その後、ピルの服用を中止すれば生理を起こすことができるようになります。

生理を遅らせたい時

遅らせたい生理の予定日1週間前くらいにお越しください。
生理予定日の4~5日前くらいからピルの服用を開始して、生理を遅らせたい期間中ずっと飲み続けます。
その後、ピルの服用を中止すれば生理を起こすことができるようになります。

前周期の生理が来る前くらいにご相談されることをおすすめします

生理を早めたい時でも、遅らせたい時でも、早めたい・遅らせたい生理の前周期の生理が来る前くらいにご相談されることをおすすめします。
生理を早めたい時、人によっては早めることができない場合もありますが、そうした場合でもお早目にご相談頂ければ、生理を早めるのではなく、遅らせることで、大事なスケジュールと生理が重ならないようにすることが可能です。
また、生理を遅らせたい時、ピルの副作用が起こりやすい方などにとっては、生理を遅らせたい期間ずっとピルを服用し続けるのは負担となる場合もありますが、そうした場合でもお早目にご相談頂ければ、生理を遅らせるのはなく、早めることで、少ない負担で生理をずらすことが可能となります。

 

それぞれの状況をお聞きした上で、ピルのタイミングと内服期間が変わります。診察・ピル内服指導料(薬剤料込み 3,800~4,000円(税別))

取り扱うピルの種類・費用

種類 費用(税別)
ファボワール錠28 2,500円
トリキュラー錠28 2,500円
マーベロン28(ファボワール錠と同成分) 2,500円
※ヤーズ配合錠、ヤーズフレックス配合錠、ルナベル配合錠LD/ULD、フリウェル配合錠LDなどのピルは、避妊効果はありますが、月経困難症の治療薬であるため、保険診療となります。

アフターピル(緊急避妊ピル)

避妊せずに性行為をしたり、性行為の途中でコンドームが外れたり、破れたりしてしまったために、「妊娠したかも…」と不安な方は当クリニックへご連絡ください。
72時間(3日)以内であれば、アフターピル(緊急避妊ピル)を使用することで、望まぬ妊娠が防げるかもしれません。

こんな時にはご相談ください

  • 避妊せずに性行為をした時
  • 性行為の途中でコンドームが外れたり、破れたりした時
  • 性行為の途中からコンドームを装着したので、妊娠していないか不安な時
  • きちんと避妊したつもりだが、妊娠していないか心配な時

取り扱うアフターピルの種類・費用

ノルレボ錠

性行為から72時間以内に「ノルレボ錠」を1錠服用します。
1回の服用でヤッペ法よりも高い避妊効果が期待でき、副作用も少ないとされています。

プラノバール錠(ヤッペ法)

性行為から72時間以内に「プラノバール錠(中用量ピル)」を2錠服用して、12時間後に再度2錠服用する方法です。
吐き気などの副作用が起こる場合があります。

種類 費用(税別)
ノルレボ 14,000円
プラノバール(ヤッペ法) 4,000円

アフターピルをご希望になる方へ

アフターピルは100%の避妊方法ではありません。
72時間以内に服用しても、妊娠することがあります。なので、アフターピル服用後、予定日を過ぎても生理が来ない時などには、すぐに当クリニックへご相談ください。
避妊が上手くいかず、妊娠している可能性があります。

アフターピルを処方する際には、アフターピルの仕組みなどについて詳しくご説明しますので、それによって避妊に対する意識を高めて、できれば今後はアフターピルではなく、低用量ピルを服用するなど、避妊を前向きに考えるようにしてください。

Share

三条京阪駅・三条駅から徒歩1分

住所 〒605-0009
京都府京都市東山区三条通大橋東入大橋町102-1 田中ビル4F
アクセス 京都市営地下鉄東西線「三条京阪駅」2番出口から徒歩1分
京阪本線「三条駅」8・9番出口から徒歩1分
診療時間 【月・火・水】9:00~13:00/16:30~19:30
【金】9:00~13:00/午後は臨時休診あり
【土】9:00~13:00

QRコード

スマホからも
アクセス

産科・婦人科 江川クリニック オフィシャルサイト