HOMEお悩み別
Share

お悩み別case

生理にともなう不快な症状でお悩みの方

生理にともなう不快な症状でお悩みの方

月経不順、月経痛、月経前症候群(PMS)などの生理にともなう不快な症状でお悩みの方は、一度当クリニックへご相談ください。
ピルを服用することで、こうした症状を改善することができる場合があります。
ピルには避妊だけでなく、女性特有の症状に対して様々な副効用があります。

ピルの副効用

にきびなどの肌トラブルや多毛症でお悩みの方

にきびなどの肌トラブルや多毛症でお悩みの方

ピルを服用することでホルモンバランスが整うため、にきびなどの肌トラブルから解放される場合があります。
また、ピルにより女性ホルモンが補われるため、多毛症の改善効果も期待できます。
そのほか、更年期症状や骨粗しょう症などに対する予防効果も期待できます。

ピルの副効用

子宮内膜症や子宮外妊娠などの婦人科疾患が心配な方

子宮内膜症や子宮外妊娠などの婦人科疾患が心配な方

ピルを服用することで排卵が抑えられるため、子宮内膜症の改善のほか、子宮外妊娠や良性卵巣嚢腫などの婦人科疾患のリスクを低減させることが可能となります。
また、ピルの長期間服用により、卵巣がん、子宮体がん、良性乳房疾患などのリスクを低減させることが可能となります。

ピルの副効用

望まない妊娠を防ぎたい方

望まない妊娠を防ぎたい方

現在、日本で用いられている避妊方法のうち、最も確実で安全性の高い方法が、ピルの服用です。
また、唯一女性主導で行える避妊方法でもあります。
ピルは、排卵を抑えたり、受精卵を着床しにくくしたり、精子を子宮に入りにくくしたりすることで、望まぬ妊娠を防ぎます。
正しく服用すれば、99%以上の確率で避妊することができます。

ピルで避妊

「妊娠したかも…」と不安な方

「妊娠したかも…」と不安な方

避妊せずに性行為をしたり、性行為の途中でコンドームが外れたり、破れたりしてしまったために、「妊娠したかも…」と不安な方は当クリニックへご連絡ください。
72時間(3日)以内であれば、アフターピル(緊急避妊ピル)を使用することで、望まぬ妊娠が防げるかもしれません。

アフターピル

受験、結婚式、旅行など、大事なスケジュールと生理が重ならないようにしたい方

受験、結婚式、旅行など、大事なスケジュールと生理が重ならないようにしたい方

受験、結婚式、旅行など、大事なスケジュールと生理が重ならないようにしたい場合、ピル(中容量ピルを使用します)を服用することで、生理を遅らせたり、早めたりすることが可能です。

一度当クリニックへご相談ください。

早めたい・遅らせたい生理の前周期の生理が来る前くらいにご来院されることをおすすめします。

生理をずらしたい

人工妊娠中絶手術をお考えの方

人工妊娠中絶手術をお考えの方

やむを得ない事情により人工妊娠中絶手術をお考えの方は、できるだけお早目に当クリニックへご相談ください。
人工妊娠中絶手術は妊娠6週目ころから受けることが可能ですが、お体への負担が少ない状態で手術ができるのは8~9週目ころまでで、10週目に入るとリスクが高くなります。
12週目未満(妊娠11週6日目)までの初期の人工妊娠中絶手術であれば、当クリニックで日帰りで受けることが可能ですが、それ以降の手術(中期の人工妊娠中絶手術)につきましては、信頼のおける施設を紹介させて頂きます。

中絶手術

Share

三条京阪駅・三条駅から徒歩1分

住所 〒605-0009
京都府京都市東山区三条通大橋東入大橋町102-1 田中ビル4F
アクセス 京都市営地下鉄東西線「三条京阪駅」2番出口から徒歩1分
京阪本線「三条駅」8・9番出口から徒歩1分
診療時間 【月・火・水】9:00~13:00/16:30~19:30
【金】9:00~13:00/午後は臨時休診あり
【土】9:00~13:00

QRコード

スマホからも
アクセス

産科・婦人科 江川クリニック オフィシャルサイト