HOME妊娠12週目未満の初期中絶手術/妊娠12週目以降の中期中絶手術
Share

妊娠12週目未満の初期中絶手術abortion

痛みの少ない安全な人工妊娠中絶手術

当クリニックでは、WHO(世界保健機構)が安全性を認めている「吸引法」で人工妊娠中絶手術を行っています。また、「静脈麻酔」と「局所麻酔(傍頸管ブロック)」の2種類の麻酔を併用しており、少ない痛みで手術を受けて頂くことができます。手術にともなう痛みが不安な方は、お気軽にご相談ください。初期の人工妊娠中絶手術であれば、当クリニックで、日帰りで受けることが可能です。

手術に際しては、パートナーの承諾(サイン)が必要です。

中絶手術の流れ

初期の人工妊娠中絶手術:妊娠12週目未満(妊娠11週6日目)まで

検査

検査

尿検査により、妊娠を確認します。
妊娠を確認した後、血液検査などで健康状態をチェックしたり、超音波検査などで正常に妊娠しているかどうか(子宮外妊娠などではないか)をチェックしたりします。
手術前の検査が終わりましたら、手術の内容などを詳しくご説明した上で、手術日を決定させて頂きます。

手術前日

未産婦(出産経験のない方)の方や、子宮口が開きにくい方などは、手術前日など(午後に手術の方は午前中)に「ラミセル」というスポンジ樹脂の棒を挿入して子宮口を広げる処置(子宮頸管拡張)が必要となります。当院では、この処置の際にも局所麻酔や鎮痛剤を使用します。
また、安全に手術を行うために、手術前日や当日朝の食事には制限がありますので、医師の指示に従うようにしてください。

手術当日

ご予約頂いた時間にご来院ください。
マニキュア、メイクなどは事前に落としておいてください。
また、ご自身の運転によるお車でのご来院はお控えください。

<持ち物>
同意書(パートナーのサインも必要です)、生理用ショーツ、ナプキン など。

術前の準備

術前の準備

同意書を確認させて頂いた後、術衣に着替えて頂きます。

麻酔

手術時の麻酔は「静脈麻酔」と「局所麻酔(傍頸管ブロック)」を併用しています。
傍頸管ブロックを併用すると、子宮の痛みを感じる神経を麻痺させることができるので、少ない痛みで手術を受けて頂くことが可能です。
また、緊張が強い場合や、通常の麻酔で鎮痛が十分でない場合には、笑気ガス(亜酸化窒素)を用いた「全身麻酔」も追加します。

手術

手術

当クリニックでは人工妊娠中絶手術の方法として、WHO(世界保健機構)が安全性を認めている「吸引法」を採用しています。
吸引法とは、吸引端子を子宮に挿入して、胎児や附属物、子宮内膜などを吸引する方法です
手術時間は15分程度です。

術後の診察

麻酔が切れるまで2時間程度お休み頂き、自分で歩けるようになったら、手術後の診察を行います。
診察の結果、問題がなければご帰宅頂けます。

術後の検診

術後の検診

手術の翌日または翌々日に検診を行います。
1週間後にも検診を行い、感染症などが起きていないか確認します。

手術後の注意点

  • 手術当日は麻酔を使用しますので、ご自身の運転によるお車でのご来院はお控えください
  • 手術当日は基本安静を保って頂きますが、あまり安静にし過ぎると子宮の戻りに良くない場合もありますので、無理のない範囲で日常生活を送るようにしてください
  • 手術当日の入浴は控えて、シャワーを浴びる程度にとどめておくようにしてください
  • 手術後2日程度は、感染症防止のために抗生物質や、子宮の戻りを良くするために子宮収縮薬などを服用して頂きます

中期の人工避妊中絶手術:妊娠12週目以降

当クリニックでは中期の人工妊娠中絶手術は行っておりませんので、信頼のおける施設を紹介させて頂きます。手術を受ける施設によって手順が異なることがあります。
中期の人工妊娠中絶手術の基本的な流れは次の通りです。

検査

検査

尿検査により、妊娠を確認します。
妊娠を確認した後、血液検査などで健康状態をチェックしたり、超音波検査などで正常に妊娠しているかどうか(子宮外妊娠などではないか)をチェックしたりします。

手術前日

中期の人工妊娠中絶手術では通常、入院が必要となりますので、入院の準備を整えて病院へご来院ください。
未産婦(出産経験のない方)の方や、子宮口が開きにくい方などは、手術前日などに「ラミセル」というスポンジ樹脂の棒を挿入して子宮口を広げる処置(子宮頸管拡張)が必要となります。
また、手術前日や当日朝の食事には制限がありますので、医師の指示に従うようにしてください。

<持ち物>
同意書、生理用ショーツ、ナプキン のほか、洗面具や着替えなどの入院に必要なもの。

手術

手術

「ラミセル」で子宮口を広げる処置を行った後、「プロスタグランディン」という陣痛促進剤を腟に挿入して胎児を娩出します。

退院

手術後、体力が回復したら退院となります。

死産届

死産届

妊娠12週目以降に娩出された胎児は、7日以内に各市町村に死産届を提出する必要があります。
死産届が受理されると火葬許可証が発行されます。

術後の検診

術後の検診

手術後の検診は、子宮内の状態が正常に戻ったかなどを確認する大切な診察ですので、指定された時期に必ず受けるようにしてください。

手術後の注意点

  • 手術後、2~3日は安静を保つようにしてください。また、入浴も控えるようにしましょう。通常、2~3日後からシャワーの許可が下ります
  • 中期の人工妊娠中絶手術を行った後には、1ヶ月程度、「悪露(おろ)」と呼ばれる子宮内膜などの残留物が血液と混じって排出される場合がありますので、ナプキンを小まめに取り替えるなどして、清潔な状態を保つようにしてください
Share

三条京阪駅・三条駅から徒歩1分

住所 〒605-0009
京都府京都市東山区三条通大橋東入大橋町102-1 田中ビル4F
アクセス 京都市営地下鉄東西線「三条京阪駅」2番出口から徒歩1分
京阪本線「三条駅」8・9番出口から徒歩1分
診療時間 【月・火・水】9:00~13:00/16:30~19:30
【金】9:00~13:00/午後は臨時休診あり
【土】9:00~13:00

QRコード

スマホからも
アクセス

産科・婦人科 江川クリニック オフィシャルサイト